青の吹き出し.png

コウヤノマンネングサ
について

写真が欲しい.png

地下茎を伸ばせるようなフカフカとした土壌を好みます。
特に山地の林の中の腐葉土上や、川沿いの林のような場所に自生していることが多い。

直射日光に弱く、高めの湿度と日陰を好むため、用土が乾ききらないようなこまめな管理が必要。

黄色の枠.png

コウヤノマンネングサの好きな環境

​①ホソバやヒノキのように

ドアップの写真があると〇

黄色の枠.png

コウヤノマンネングサの分類

​イヌマゴケ目 コウヤノマンネングサ科 に属する コケ植物。

日本を含む東アジア、シベリア、チベットなどに分布している。

コウヤノマンネングサ.jpg

①暑さに弱いので、30度が続くと茶色くなってしまう。
②季節の変わり目や冬の温度が低くなると茶色くなりやすい。
③通気が悪いと茶色くなりやすい。

夏場や季節の変わり目は特に温度に気を付けてあげてください。

また、通気をよくするために3日に1回、5分程度換気をしてあげてください。

もし茶色くなってしまっても、新芽が出ている可能性があります。

​新芽が出てきたら茶色くなったコウヤノマンネングサはカットし、

新芽を育てましょう。

黄色の枠.png

コウヤノマンネングサが茶色くなってしまう原因

写真が欲しい.png

②茶色くなった

​コウヤ君

黄色の枠.png

コウヤノマンネングサとテラリウムの相性

コウヤノマンネングサはヤシの木のような

日本に存在する苔の中で一番大きい苔。

鮮やかなグリーンの色合いや、すくっと伸びたヤシの木のような見た目から、テラリウムのアクセントとして人気があります

コウヤノマンネングサ_例.jpg
イラスト82_edited.png
写真が欲しい.png

③​コウヤ君

黄色の枠.png

コウヤノマンネングサの特徴

根はなく、葉と地下茎から栄養を取り込みます。

直射日光に弱く、季節の変わり目や冬に葉が茶色くなりやすいため、きれいに育てるためには定期的な管理が必要です。また、水中でも育てられる。