赤の吹き出し.png

ホソバオキナゴケ
について

ホソバオキナゴケ.jfif
黄色の枠.png

ホソバオキナゴケの好きな環境

木の間から優しい光が差し込むような、

直射日光の当たらない半日陰を好み、

雨の当たらない風通しの良い場所で育ちます。

また、乾燥気味な環境を好む苔です。

木の根元付近や朽ちた木、

腐植土の上などにコロニーを作ります。

黄色の枠.png

ホソバオキナゴケの分類

​ホソバオキナゴケはシラガゴケ科に属し、

山苔として分類されている。

漢字では「細葉翁苔」と書かれています。

本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、

インド、スリランカ、ミャンマー、

タイ、インドネシア、フィリピン、

マクロネシア、ニューギニア、トルコ、マダガスカル、

ヨーロッパに分布し、針葉樹林のやや乾燥気味の場所、

特に杉の株元に多く見れます。

ホソバオキナゴケ.jpg

​一つの大きさ

休眠中.jpg

ホソバオキナゴケは乾燥気味になると

白っぽい色になります。

葉緑体を含まない細胞で構成されている、

"透明細胞"を多く持ち合わせているからです。

葉が湿っていると

光が葉の内部にまで入り緑色に見えますが、

葉が乾いていると、光が透明細胞で反射され、

葉は白っぽく見えます。

それにより、苔体内の温度上昇を抑え、

蒸れを抑止する効果があるとされています。

このまま乾燥が進むと茶色くなって

"休眠状態"に入ってしまいます。

​多くの場合は水を与えれば戻りますが、

一回茶色くなった部分は

緑色に戻らない可能性が高いです。

ただし、「乾燥気味なんだ!」と逆に水を多くやりすぎると、

蒸れてしまい枯れてしまう場合があります。

黄色の枠.png

ホソバオキナゴケが白くなった!?

黄色の枠.png

ホソバオキナゴケの葉と仮根

ホソバオキナゴケの仮根には

水を吸い上げる力がありません。

葉に水や栄養を吸収する力があります。

なので必ず霧吹きで水をあげてください。

もし土だけが乾いていたら、

水差しで苔に水がかからないように

​土だけに湿らすイメージで

水をあげてください。

​※湿度が必要なため。

もし水をかけすぎてしまった場合は、

​蓋を開けたまま少しの間放置してください。

ホソバオキナゴケ_例.jpg
61171.jpg
黄色の枠.png

ホソバオキナゴケとテラリウムの相性

ホソバオキナゴケは他の苔に比べて

成長が非常に遅い特徴があり、

比較的乾燥にも強いため、テラリウムに勧められています。

また、半開放型でホソバオキナゴケを育てると、

​横に広がるようなイメージで綺麗に育っていきます。​

イラスト82_edited.png
黄色の枠.png

ホソバオキナゴケの特徴

湿度が高い時は緑色が濃く、

逆に少し乾燥気味になると白っぽい色になる

日差しがとっても苦手です。

​日差しに当ててしまうと、枯れてしまいます。

暑いところは苦手です。

​涼しい場所が大好き!

蒸れが苦手なので水をあげすぎると

​枯れてしまいます。

61148.jpg